妊娠8ヶ月でも妊娠線予防は間に合いますか?

妊娠8ヶ月でも妊娠線予防は間に合いますか?

待望の赤ちゃんを授かってこの上ない喜びかと思います。

 

でも、女性にとっての一番の不安は妊娠線だったります。妊娠線というのは、急激なダイエットや急激に太った時にできる肉割れとほとんど同じ症状です。

 

妊娠して急激にお腹が大きくなると皮膚がこの伸びについていけなくなり、ビリッて感じで皮膚がさけてしまいます。また、産後急激にお腹が小さくなり皮膚が大きくたるんでしわしわになってしまう場合もあります。

 

せっかく待望の赤ちゃんが生まれたのに一緒にお風呂に行ったり、プールに行ったり出来なくなっちゃかもしれません!

 

一度できたら妊娠線は消えない?

一度できてしまうとなかなか治らないのが妊娠線です。そのため、妊娠線は作らないことが大切です。

 

妊娠線を作らないためには、出来るかぎり早い段階から予防することが大切です。できることなら妊娠する前からケアしておくのがベストなのです。

 

そんな妊娠線ケアを妊娠8ヶ月からやって間に合うのでしょうか?

 

妊娠8ヶ月からでも妊娠線予防は間に合う?

妊娠線予防はできるだけ早い段階から開始するのが理想です。でも、妊娠8ヶ月からの予防では遅すぎるということはありません。

 

もちろん早いに越したことはないのですが、妊娠8ヶ月でもまだ間に合います。ただし、今すぐに始めましょう!

 

もしすでに妊娠線ができてしまったという方もあきらめないで下さい。あきらめて放置してしまうと、状態はさらに悪化してしまいます。毎日しっかりとケアしていけば、徐々に薄くなってくることもありますし、これ以上悪化させないという効果も期待できます。

 

この時期から妊娠線ケアをするなら、絶対に妊娠線専用クリームを使うことをおすすめします。

 

妊娠線専用クリームには、お肌の再生機能をアップさせる効果が期待できます。また、できてしまった妊娠線にも効果が期待できる妊娠線クリームもあります。

 

ですので、あきらめないでケアを継続して下さいね♪

 

12キロアップは危険信号?

妊娠線は妊娠前よりも体重が12キロ増えるとできやすくなると言われています。

 

そのため、体重管理に注意することも妊娠線予防へとつながります。特に妊娠8ヶ月頃は妊娠線ができやすい時期です。
この時期に急激に体重が増加しないように軽い運動を取り入れたり、食事に注意するようにして下さいね!

 

妊娠線はとにかく予防が大切です。
できるだけ早くケアを始めることは大切ですが、遅くなったからといって何もケアしないのはヤバイです。
いつからでも良いので妊娠線ケアをはじめましょう!

 

妊娠線ケアならこちらがおすすめ >>

 

page top