妊娠線は太っているとできにくいって本当!?

妊娠線は太っているとできにくいって本当!?

妊娠線ができやすい体型ってあるのでしょうか?ある妊婦さんは妊娠前に太って皮膚を伸ばしておけば、妊娠線が出にくいと考えて、あえて太ったということです。

 

果たして太ることで妊娠線が出来にくくなるのでしょうか?

 

太っていることが妊娠線予防!?

太っていると妊娠線が出来にくくなるので、妊娠線予防になるって本当なのでしょうか?
結論を先に言いますと真逆です。

 

太ってしまうほど妊娠線ができるリスクが高まります。
では、どうして太ってしまうと妊娠線ができるリスクが高まるのかということについて解説していきます。

 

急激に体重が増加し太ってくると脂肪がついてきます。その時に伸びの悪い皮下脂肪が裂けてしまい肉割れが起こりやすくなってしまいます。

 

つまりこのような太った状態で妊娠してしまうとますます体重が増加してしまい、皮下脂肪が厚くなり皮膚が伸ばされてしまうため肉割れが起こりやすくなります。

 

妊娠線予防は正しい方法で!

妊娠線の予防は正しい方法で行いましょう。太ったから予防できるということはあり得ませんので。

 

妊娠線は体型や年齢とは関係なく起こってしまいます。皮膚の下の真皮や皮下組織などの柔軟性があれば妊娠線はできにくいと言われています。

 

お肌の奥の真皮まで届くようにしっかりと潤いを保つことが大切です。また、腹帯という昔ながらのアイテムも妊娠線予防に効果が期待できます。

 

妊娠線ができにくい人ってどんな人?

妊娠線ができにくい人っているのでしょうか?
結論から言いますと妊娠線ができにくい人はいません。逆に妊娠線ができやすい方がいます。

 

それは経産婦さんです。妊娠線は経産婦さんの方ができやすいって聞いたことありませんか?

 

これは本当なのでしょうか?
どうして経産婦さんの方が妊娠線ができやすいのでしょう?

 

どうして経産婦さんは妊娠線ができやすい?

実際に経産婦さんの方が妊娠線ができやすいという結果がでています。なんと、経産婦さんの80%に妊娠線ができるという研究結果も出ています!

 

どうして経産婦さんは妊娠線ができやすいのでしょう?

 

これにはいくつかの理由が考えられます。

  • 子宮が大きくなりやすいのでお腹が急に大きくなる場合がある
  • 1人目の時に妊娠腺ができなかった人は油断しがち
  • 子育てが忙しくて妊娠線ケアが疎かになってしまう
  • 高齢になると妊娠線ができやすい

 

子宮が大きくなりやすいのでお腹が急に大きくなる場合がある

経産婦さんの場合、初産婦さんと比べると子宮が急に大きくなりやすいと言われています。

 

これはよく風船に例えられます。初めて膨らませた風船よりも、一度膨らませたことのある風船は膨らませやすいですよね?子宮もこれと同じで一度妊娠出産を経験していると子宮が膨らみやすいため、早い時期からお腹が急に大きくなることが多いようです。

 

そのため子宮が急に大きくなるため、お腹も急に大きくなり、皮膚が急激に伸びてしまい真皮の組織が切れてしまうということです。

 

1人目の時に妊娠腺ができなかった人は油断しがち

1人目の出産の時に妊娠線ができなかったという場合、ついつい油断してしまいがちです。自分は妊娠線ができにくい体質だから、妊娠線ケアしなくても大丈夫と思ってしまうようです。

 

先ほど説明した通り、経産婦さんは急にお腹が大きくなる傾向にありますのでただでさえ妊娠線ができるリスクが高まります。それなにの妊娠線ケアをしないのは相当妊娠線のリスクが高くなってしまうのです。

 

1人目に妊娠線ができなくても油断しないで、しっかりと妊娠線ケアして下さいね!

 

子育てが忙しくて妊娠線ケアが疎かになってしまう

これはある意味仕方のないことです。

 

一人目の時は自分のことだけしていれば良かったのですが、2人目以降の出産は子育てしながらの妊娠となるので、ゆっくりと妊娠線ケアをする時間がないというケースが多いです。

 

大変なのはわかりますが、少しでも時間を作って頑張っってケアしていきましょう!

 

高齢になると妊娠線ができやすい

高齢になればなるほど妊娠線ができやすいと言われています。

 

これは妊娠線には以下が関係しているからです。

  • 肌への高保湿
  • 肌の柔軟性
  • 肌の弾力

これらは高齢になればなるほど衰えていきます。そのため高齢になればなるほど妊娠線ができやすい傾向になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

妊娠線は太っているとできにくいというのは間違った情報だと理解して頂けましたか?
また、妊娠線ができにくい人というのは基本的にはいません。しっかりと妊娠線ケアをしている人ができにくい人ということです。

 

また、逆に妊娠線ができやすい人がいます。妊娠線ができやすい人は、特に注意してしっかりと妊娠線予防をするように心がけていきましょう!

 

毎日妊娠線ケアをするのは大変だと思いますが、心を落ち着ける時間と考えて楽しみながら妊娠線ケアをして頂き、継続していきましょう!

 

妊娠線ケアは何より継続することが大切ですからね♪

 

>>妊娠線ケアのお供にこちらのクリームがおすすめ!

page top