妊娠線とターンオーバーの関係は?

妊娠線とターンオーバーの関係は?

妊娠線は急激におなかが大きくなることでできてしまいます。
妊娠線は表の皮の少し内側にある真皮に亀裂が入ることでできてしまいます。

 

できてしまった妊娠線を消すことはできないと言われていますが、肌の再生を助けるようにケアすることで薄くすることができます。もちろん、妊娠線ができないように毎日しっかりと保湿をすることも大切です!

 

できてしまった妊娠線には専用クリームがおすすめ!

できてしまった妊娠線をケアする場合、専用の妊娠線クリームを使うのがおすすめです。

 

できてしまった妊娠線はターンオーバーで治るはずと思いますよね?肌は通常28日周期でターンオーバーを繰り返し、古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。

 

ところが妊娠中はホルモンが増加しますが、コルチコステロイドというステロイドホルモンの分泌も盛んになります。このコルチコステロイドはターンオーバーを抑制する働きがあります。ターンオーバーを抑制されてしまうと肌の生まれ変わりが正常に機能しないため、弾力の少ない肌になってしまいます。そのため、妊娠中は妊娠線ができやすい状態になっています。

 

また、できてしまった妊娠線についても、妊娠中はターンオーバーが抑制されていますので、なかなかお肌の生まれ変わりが起こりません。

 

そのため、妊娠線が治りにくい状態になっているのです。

 

あなたがやること

妊娠線とターンオーバーの関係について、なんとなくわかって頂けたかと思います。

 

ではあなたは何をすれば良いのでしょう?
まずは妊娠線ができないようにターンオーバーを促進することがポイントです。
そのため、妊娠線クリームで毎日保湿とマッサージを行うことが大切です。

 

また、ターンオーバーの促進には規則正しい生活も必要です。睡眠を十分にとって、栄養バランスの良い食事をして、ストレスを溜めないことが大切です。

 

妊娠線ができてしまったら?

もし妊娠線ができてしまってもやることは同じです。ターンオーバーを促進することを続けて下さい。

 

もちろん出産後も継続してケアして下さい。出産後ホルモンが正常に戻ってくると、ターンオーバーの抑制も改善されるため、妊娠線が治りやすい状態になります。

 

完全に消すのは難しいかもしれませんが、かなり薄くすることはできるはずです!

 

肌のターンオーバーを促す妊娠線クリーム

肌の再生やターンオーバーを促し、きれいな肌を作る成分が配合されている妊娠線クリームもあります。

 

今私が一番注目しているのが「プレマーム」です。

 

「レジストリル」というできてしまった妊娠線を治す効果が期待できる成分を配合してるためです。「プレマーム」はできてしまった妊娠線は当然ですが妊娠線予防クリームとしても使うことができます。

 

そのため「プレマーム」で妊娠線予防をしっかりして、でも妊娠線ができてしまったという場合も「プレマーム」でケアを続けて下さい。どんなに頑張ってケアしても、できてしまうのが妊娠線です。でも何もしないと後で後悔しますので、できることは全てやりましょう!

 

一番のポイントは、ターンオーバーの促進です♪
>>妊娠線にはプレマームがおすすめ!

 

page top